黒田整形外科医院トップページ
サイトマップ
院長インタビュー 診療案内と交通アクセス 黒田整形外科医院のコンセプト 治療について リハビリテーション 鍼灸治療 医療・介護の連携 ニュース お問合せ リンク
治療について
黒田院長
黒田院長 黒田副院長
いつ来ても質の変わらない医療
 黒田整形外科では院長、副院長の他、優秀なドクターが対応、いつ来ても質の変わらない医療をご提供できるようにしております。

お気軽になんでもご相談下さい。
>>医師曜日別担当表はこちら
Airisイメージ
先進機器の導入で、より快適な医療を
操作中 Airisイメージ
放射線を使わず磁力を使って人体の断面図を見る事ができるMRI(核磁気共鳴画像)は、従来のトンネル型は大きな筒状の機械の中に入れられるため閉塞感や孤独感があり、特に閉所恐怖症の方には苦痛がありました。また、お子さまやお年寄りの方にも苦痛があるとのご意見を頂きます。2008年8月11日より、オープンな状態で使える「HITACHI AIRIS mate オープンMRI」を導入いたしました。オープンMRIとは文字どおり開放型で、閉塞感が軽減されます。検査時の音が静かで、技師や医師とのコミュニケーションも容易です。先進の画像秘術で精度の高い診断が素早く行えます。高精度の検査を快適に行えるよう先進機器の導入を進め、治療実績の向上を目指します。
リハビリスペース 無菌手術室 骨密度測定装置
CRレントゲン   CTスキャナ   K-F鍼灸院
医院の設備と治療について
診療科目は、整形外科、関節外科、リウマチ科、リハビリテーション科、内科。黒田整形外科医院ではケガの治療はもちろん、高齢者支援として特にリハビリに力を入れ、広いリハビリスペースを用意。無料送迎も行っています。>>詳しくはこちら

また、内科診療も行っておりますので、ご病気や体調不良などお気軽にご相談ください。

最高クラスとなる「クラス1000」のバイオクリーンルーム(無菌手術室)を完備しており、人工関節置換手術をはじめとする高度な手術を安全に施術しております。
入院設備もあり、病床は19床。リウマチと関節外科を主とした、専門性の高い医療を目的とした整形外科の病院です。被ばく量の少ないフィルムレス・デジタルレントゲン撮影装置(CR)や全身計測可能な骨密度測定器等の高度検査機器を導入し、正確な診断に役立てています。

別施設で鍼灸治療も行い、医師と連係を取りながら鍼灸を行いますので、より安全で効果的な治療が受けられます。
>>くわしくはこちら
診察室
診察室
熟練した看護師によるサポート体制
 黒田整形外科では手術〜入院〜リハビリを一貫して行うことができ、密度の高い治療ができます。また、精度の高い検査や高度な手術も可能です。
そのため、看護師に要求されるレベルも高くなりますが、関節外科に特化している性質上、知識、技術の習熟度は高くなっております。
また、リウマチ治療に生物学的製剤を使用し、専用の治療室で点滴注射による化学療法を実施しています。
生物学的製剤とは、最新のバイオテクノロジー技術を駆使して開発された新しい薬で、関節リウマチの炎症や痛み・腫れ、そして骨や軟骨などの関節破壊を引き起こす原因となる物質を抑えることにより、その効果を発揮します。
この生物学的製剤の登場により、関節リウマチの治療は大きく進歩しました。
>>生物学的製剤についてくわしく
放射線科スタッフ
放射線科スタッフ
正確な診断は正確な検査から
 黒田整形外科では正確な診断を可能にする検査機器を設置し、院内で出来る限り多くの項目の検査をし、正確で迅速な診断と患者さんへのアドバイスに役立てるようにしております。

正確な診断には正確なデータが必要です。様々な検査機器、特にMRIやレントゲンの操作にあたる放射線科スタッフには正確さが要求されます。
フィルムレス・デジタルレントゲン撮影装置(CR)や全身計測可能な骨密度測定器、圧迫感のない最新型MRI「HITACHI AIRIS mate オープンMRI」や高精度CTスキャン「GE製 Bright Speed Elite SD(2012年5月導入)」等の高度検査機器を駆使し、正確な診断に貢献しています。
インタビュー診療案内コンセプト治療についてリハビリ鍼治療医療・介護の連携
ニュースお問合せリンクサイトマップ個人情報保護方針免責事項
個人情報保護方針 免責事項
このページのトップ
Copyright Kuroda Orthopedic Hospital. All Right Reserved.