黒田整形外科医院トップページ
サイトマップ
院長インタビュー 診療案内と交通アクセス 黒田整形外科医院のコンセプト 治療について リハビリテーション 鍼灸治療 医療・介護の連携 ニュース お問合せ リンク
治療について
生物学的製剤とは?
生物学的製剤とは、最新のバイオテクノロジー技術を駆使して開発された新しい薬で、生物が産生した蛋白質を利用して作られています。
関節リウマチの炎症や痛み・腫れ、そして骨や軟骨などの関節破壊を引き起こす原因となる物質を抑えることにより、その効果を発揮します。
この生物学的製剤の登場により、関節リウマチの治療は大きく進歩しました。

現在、日本では4種類の生物学的製剤が使われています。
いずれも注射薬です。インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブはTNF(下の図参照)という物質の働きを直接抑えるものですが、構造の違いから抗体製剤 (インフリキシマブ、アダリムマブ) と受容体製剤 (エタネルセプト) に分けられます。トシリズマブは、インターロイキン6 (IL-6) という物質の働きを抑えます。
これまでのDMARDに比べ、生物学的製剤には非常に高い炎症抑制作用がありますが、投与中は特に肺炎や結核などの感染症に注意が必要になります。
日本で使用されている生物学的製剤
一般名 商品名
インフリキシマブ レミケード
エタネルセプト エンブレル
アダリムマブ ヒュミラ
トシリズマブ アクテムラ

TNF(Tumor Necrosis Factor[腫瘍壊死因子])は免疫機能や炎症反応に関係するサイトカイン(活性因子)と呼ばれる物質の一種で、関節リウマチの炎症や痛み・腫れ、そして骨や軟骨などの関節破壊を引き起こす代表的な物質です。関節リウマチの患者さんの関節内では、TNFが過剰に作られていることがわかっています。
■このページを閉じる■
インタビュー診療案内コンセプト治療についてリハビリ鍼治療医療・介護の連携
ニュースお問合せリンクサイトマップ個人情報保護方針免責事項
個人情報保護方針 免責事項
このページのトップ
Copyright Kuroda Orthopedic Hospital. All Right Reserved.